dejiren TOP/よくある質問

FAQ

よくある質問

Googleドライブ と dejiren の接続設定方法

(※記事更新日 2022/09/12)

本記事では、dejirenとGoogleドライブとの接続連携方法について解説します。
※Googleドライブとの連携には、事前にGoogle Workplaceのアカウント作成が必要です。
※既に他アプリとの連携でGoogle API プロジェクトを作成済みの場合は手順2まで跳ばしてください。

手順1. Google API 接続情報の作成

Google API コンソール(https://console.developers.google.com)を開き、下記作業を行います。

画像手順に沿って [新しいプロジェクト] を作成
プロジェクト名 / 組織 / 場所 を入力して [作成] をクリック
OAuth同意画面からUserTypeを選択して [作成] をクリック
遷移した画面の [アプリ名] と [ユーザーサポートメール] を入力し下へスクロール
デベロッパーの連絡先メールアドレスを入力し [保存して次へ] を選択
[スコープ] 設定は必要に応じて設定してください。設定しなくても大丈夫です。
下部までスクロールし、[保存して次へ] を選択
[概要] を確認し問題なければ下部までスクロールし [ダッシュボードに戻る] を選択

手順2. Google Drive API の有効化

左メニューから [ライブラリ] を選択
検索で [google drive api] を検索し実行
Google Drive API を選択し
[有効にする] を選択

手順3. サービスアカウントの作成

画像に指示に沿ってサービスアカウントを作成
必要項目に任意の名前とIDを入力し [完了] をクリック
戻った画面から [サービスアカウントを管理] をクリック
作成したサービスアカウントの [メール] 部分をクリック
画像手順に沿って選択
[JSON] を選択し [作成] をクリック
※JSONファイルがダウンロードされます

手順4. OAuthクライアントID の作成

[APIとサービス] 画面から画像の操作を行います
アプリケーションの種類と名前を入力しスクロール
[承認済みのリダイレクトURL] に
[https://www.dejiren.com/api/va/v1/oauth-callback] を入力して [作成] をクリック
[クライアントID] と [クライアントシークレット] は後ほど使用しますのでコピーして手元に控えてください

手順5. Google Admin スコープの設定(サービスアカウント)

[Google Admin]に管理者としてログインし画像の手順で進めます
[新しく追加] をクリック
① 手順3で作成したサービスアカウントのクライアントIDを入力
② OAuthスコープに [https://www.googleapis.com/auth/drive] を入力
※作成したサービスアカウントのクライアントIDはこちらからドリルダウンするとご覧いただけます

手順6. Google Admin スコープの設定(OAuthクライアントID)

再度、[新しく追加] をクリック
① 手順4で作成したOAuthのクライアントIDを入力
② OAuthスコープに [https://www.googleapis.com/auth/userinfo.email]と
[https://www.googleapis.com/auth/userinfo.profile] を入力
※作成したサービスアカウントのクライアントIDはこちらからドリルダウンするとご覧いただけます

手順7. ドメイン情報とアプリIDの確認

次項で解説するdejirenの接続設定に必要な、ドメイン情報とアプリIDの確認手順を解説します

[Google Admin]に管理者としてログインし、ホーム画面の赤枠で囲んだ部分に
表示されるプライマリドメインをクリップボードなどに控えておきます
プロジェクト番号(アプリID)は、[APIとサービス] -> [有効なAPIとサービス] -> [Google Chat]
に入り、[構成] タブをクリックした画像部分に記載してある数字をクリップボードなどに控えておきます

手順8. dejirenでの接続設定

dejirenのバーチャルアシスタント管理画面を開きます。

[接続設定] -> [新しい接続設定をつくる] をクリック
[Google Drive] を選択し [つぎへ] をクリック
図の通りに設定を行い、[接続確認] をクリック
接続確認が成功したことを確認します
接続確認が成功したことを確認したら、[保存する] をクリック

以上で接続設定は完了です。


キーワードから探す

キーワードから探す


カテゴリから探す

カテゴリから探す